お宿に早く着かれた方ゆかたに着替えて散歩道

          元湯にいくのも足湯に行くのも
湯本温泉 テーマ曲 湯本あかり道
大寧寺は、山口に栄華を極めた大内氏終焉の地としても知られています。
天文20年(1551)大内義隆は、謀反を起こした家臣の陶晴賢に大寧寺に追いつめられこの地で自刃しました。大寧寺裏手の遊仙窟という山腹に義隆以下33の墓がひっそりと立ち並んでいます。
 境内には、大内義隆が顔をうつして最期を悟ったと伝わる「姿見の池」、その時かぶとを掛けた「甲掛けの石」などが今でも残っています。また、室町幕府の関東管領であった上杉憲実のものと伝える墓、江戸時代の毛利藩重臣たちの墓、代々の住職の墓などがあります。本堂の西側には豊川稲荷がまつられています。
また大寧寺は湯本温泉の泉源所有者でもあります。昔で言う米300俵で町が使用料を支払いしています。毎年1月1日の開湯の際
大寧寺から祈願のためお坊さんがこられます。
大寧寺川に架かる盤石橋は江戸時代前期のもので、山口県三奇矯の一つです。橋梁は一枚岩で作られており、横に経文が刻まれています。
 桜、紅葉の名所でもあります。
湯本温泉街の西はずれの、静かな山あいにあります。萩焼の開祖、李勺光の流れをくむ4つの窯元があります。
忘れてはならないのが音信川(おとづれ)
当館のすぐ前を流れており足湯もその河川敷にあります。
音信川恋伝説
その昔、川の下流からきた客人と恋に落ちた湯女(ゆな)たちは思いの丈を綴った恋文(音信)を橋の上からそっと流したといいます。
”川の流れよ、この気持ち、どうかあの人に届けておくれ”
待つ身がつらい湯女たちの、せめてもの流し文。それが音信川のいわれなのです。
当館では流し文をとりあつかっております。詳しくはフロントでおたづねください。



恋叶うグッズ


温泉情緒漂う川の遊歩道散策や足湯に浸り、想いをゆっくりと温めあうにふさわしい「恋人の聖地」にも選ばれています。



恋人の聖地へンク
次回開催
●日時
4月〜11月)
●時間
18:00〜21:00
(雨天中止)
●場所
音信川河川公園
   
   
きらきらはしアコースティックライブ
(19:00〜21:00)
『長州どりフェスティバル』
「焼き鳥」の長門市が誇る「長州どり」を長門湯本温泉で
出店者募集!
【主催】おとずれ夜市実行委員会
【共催】長門市観光協会湯本地区会・湯本まちづくり協議会
   
   
5月おわりから6月のはじめまで音信川周辺では、ほたるの乱舞がみられます。
      時間は夜8時から9時頃までです。
     詳しくはフロントでおたずね下さい。
河鹿蛙

Copyright(c)2007"六角堂". All right reserved