カルスト草炎太鼓規約

(目的)
 第1条 カルスト草炎太鼓グループの活動は、会員相互の親睦を図ることを第一義の目的としつつ、和太鼓の演奏活動をつうじて、会員個々の個性の発現、及び会員の生きがいの増進を図るとともに、「地域の応援団」を自覚し、地域の諸団体との連携を積極的に推進していくなかで、地域の活性化に大いに寄与しようとすること。さらには、和太鼓の文化を普及啓発、伝統文化としての継承をすることを目的とする。

☆会のキャッチフレーズ    『我等地域の応援団』

(名称)
第2条 会の名称は、「カルスト草炎太鼓」(以下「本会」という。)という。 

(事務局)
第3条 本会の事務局は、秋吉公民館内に置く。

(会員)
第4条 本会の会員は、本会の活動の目的に賛同する者をもって組織する。

(入会)
第5条 会員として、本会への入会の証として、会員証(様式第1号)を発行する。

(脱会)
第6条 会員証の返却をもって、本会を脱会したものとする。

(事業)
第7条 本会は、第1条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)地域行事等での和太鼓の演奏活動事業
(2)福祉施設等の訪問による和太鼓の演奏活動
(3)伝承活動事業
(4)会員の親睦事業
(5)文化芸術事業
(6)地域活性化事業
(7)その他

(役員)
第8条 本会の役員は、次のとおりとする。
    (1)代表          1名
    (2)事務局長    1名
    (3)幹事          若干名
    (4)監事          2名

(役員の選任)
第9条 役員は、会員の互選により選任する。 

(職務)
第10条 代表は、本会を代表し、会務を統括する。
2 事務局長は、代表を補佐し、本会の事務及び会計を執行する。 
3 幹事は、会員の意見を取りまとめ、代表を補佐する。
4 監事は、本会の事業及び会計を監査する。

(任期)
第11条 役員の任期は定めない。任期は退任の申し出があった時までとする。

(会計年度)
第12条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(会計)
第13条 本会に、次の会計を設ける。
(1)一般会計
(2)特別会計

(会費)
第14条 会員は次の場合を除いて会費として、月額1、000円を会に納めるものとする。
(1)20歳未満の者からは、徴収しないこととする。
(2)20歳以上の者でも,学生等の間は,徴収しないこととする。

(会議)
第15条 本会は、年1回総会を開く。
2 会員から開催の要望があった場合等には、要望者の数の多寡に関わらず、臨時に総会を開くことができる。

(総会の招集)
第16条 代表は、総会を招集し、総会を主宰する。

(総会の議決事項)
第17条 次の事項は、総会において議決する。
(1)事業計画の承認に関すること。
(2)予算、決算の承認に関すること。
(3)会費に関すること。
(4)規約の改正に関すること。
(5)その他

(定例会)
第18条 会員の意志の疎通を密に図るために 、おおむね毎月1回、定例会を開催するものとする。

(慶弔費)
第19条 会員への慶弔費は、次のとおりとする。
(1) 会員が、結婚したとき              20,000円
(2) 会員が、長期入院をしたとき   10,000円
(3) 会員に、不幸があったとき        20,000円
(4) 会員の配偶者、又は子が長期入院をしたとき     5,000円
(5) 会員の親、兄弟、配偶者、子、祖父母及び配偶者の親にご不幸があったとき    5,000円
(6) 会員が成人したとき                  10,000円

(演奏活動の範囲)
第20条 営業をする者からの依頼による演奏活動は、原則としてしないこととする。ただし、会員との交流がある者からの演奏依頼の場合は、演奏依頼を受けるかどうかの判断は、その都度会員協議の上決定するものとする。

(委員会等)
第21条 本会に、会の目的を達成するために必要と認められる次の委員会等を常設し、必要に応じてその他の委員会等を随時設置することができる。
 (1)カルスト草炎太鼓活動基本計画構想会議
 (2)カルスト草炎太鼓地域支援推進委員会

 
   附則
    この規約は、平成13年4月1日から施行する。

    

 様式第1号  省略